アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
伝・たぬき ◆lj7MzpY1jA 闘病記
ブログ紹介
なんでもかんでも信じる者こそ、足すくわれる?
やればやるほど金縛り、
ブンダラブッテ 今夜も バチ当たり。
zoom RSS

ホルター型心電図検査

2011/11/12 11:34
これまでこのブログで、私が自律神経失調症であると書いて来たのですが、自律神経失調症を詳細に検査することになりました。

で、ホルター型心電図といわれる、スマートフォン程度のサイズの携帯型心電図計(フクダ電子製)を取り付けて、24時間の心電図を測定することになりました。
測定中は心電図をはかる電極を、テープで肌に貼付けたまま生活するので、お風呂もシャワーも禁止。トイレは可。
で、激しい運動も、電極が外れる可能性があるので禁止。実際は、30分ほどウォーキングをしたのですが、その程度の運動が限度のようでした。
検査料は1500点(10割負担で、1万5千円)。

検査から10日後に心電図の解析が終わり、その1週間後(心電図測定から18日後)に交感神経の解析が終わりました。

正常な人の場合、交感神経と副交感神経は、寝ている時は副交感神経が優位になるものなのですが、検査の結果次のようなことが分かりました。
  1. 午前4時〜午前6時に、就寝中であるにもかかわらず、副交感神経よりも交感神経のほうが優位であった。しかも、1日を通して、もっとも交感神経が活発であった。
  2. めまいは起立性調節障害によるものと考えられていたが、そうではなく、めまいの前に脈拍数の増加(瀕脈)が起こっていた
  3. 交感神経が全体的に活発ではない

ということで、やっぱり自律神経失調症でした。

とりあえず、柴胡加竜骨牡蛎湯を処方されました。
記事へ驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


続きを見る

トップへ

月別リンク

伝・たぬき ◆lj7MzpY1jA 闘病記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる